スイミングプールソーラーヒーターパネルのインストール

スイミングプールのソーラーヒーターを設置することは非常に複雑なことになる可能性があり、このプロジェクトを単独で行うよりも専門家に電話する方が賢明な人もいます。スイミングプールヒーターを正しく設置するだけでなく、屋根の適切な場所にソーラーパネルを設置する必要があります。これを正しく行っていることを確認するために専門家を呼び出すことができますが、これはあなたに多額の費用をかけることがあります。自分で行うほうが良いかもしれません。あなたが何をする必要があるかを知ったら、それを便利に管理できるはずです。あなたがいくつかの基本的な家庭改善スキルを持っている場合、この仕事を完了することは専門家の助けを必要としません。作業をすばやく簡単に行うための簡単なガイドラインに従ってください。

最初のステップは、太陽電池パネルをスイミングプールに近い場所に収めることです。屋根には良い場所があります。これは、生み出されるエネルギーの一貫性に影響を与える影を避けるのに役立ちます。いくつかのパネルは、スタンドを使用して庭に配置し、その後冬の間に梱包することができます。いくつかの時間帯にのみパネルを使用する予定の場合は、必要に応じてセントラルヒーティングへの接続を追加することができます。

ステップ1 – ソーラーパネルの取り付け

次に、ヒーターを配置する必要があります。ヒーターをパネルから大きく離して設置しないように注意してください。ヒーターを一緒につなぐのは難しいでしょう。ヒーターが両端を暖める最も良い機会になるように、プールの中央近くのどこかを選んでください。モデルごとに必要条件が異なるため、個々のヒーターの設置手順が記載されていますので、その指示に従ってヒーターをプールに設置してください。ヒーターを動かしてパネルをあまりにも重大な損傷を与えないように、ヒーターをしっかりと所定の位置に固定してください。

ステップ2 – ヒーターの設置

それが完了したら、2つのデバイスを接続する必要があります。ヒーターに接続できる一連の接続があります。これらは、ソーラーパネルからのエネルギーをヒーター用の電気に変換します。ケーブルは、プラスチック製の留め金具で壁に固定することができます。これらを使用して、ブラケットをヒーターと建物の間の地面に注意深く固定することができます。屋根の上にいったん立ち上がると、ケーブルはかなり安全になるはずですが、余分なセキュリティ手段を追加してケーブルを粘着テープに包み込み、屋根の表面につかむことができます。

ステップ3 – デバイスの接続

プロジェクトを終了する前に、ヒーターが正しく動作することを確認する必要があります。パネルをオンにし、晴れた日を待つ。ヒーターにエネルギーが供給されているので、ゆっくりと回転していることを確認し、正しく作動していることを確認します。

ステップ4 – 仕上げ