スタッドファインダー

スタッドファインダーは、壁またはシートの壁面で壁が覆われた後、壁に木製または金属製のスタッドが配置されている場所を特定するのに使用される小型の手持ちの電子または磁気装置です。

スタッドファインダーの3つの主要カテゴリー

スタッドファインダーの最初の、そして最も古いものは、フレーミング中にスタッドを固定するのに使用された釘またはネジに向かってスイングする小さな磁石を使用します。スタッドファインダーの第2の種類はいわゆる内部コンデンサプレートを使用します。これは、壁の密度による壁の変化を検出します。

これらの変化は壁の誘電率と呼ばれます。このスタッドファインダは、内部コンデンサスタッドファインダと呼ばれ、現在市場で最も一般的に販売されているものです。使用者がスタッドファインダを壁を横切ってスライドさせると、スタッドファインダはより高密度のスタッドを検出する。スタッドファインダーの3番目の種類は、最も正確で技術的に洗練されたエッジファインダーで、スタッドのエッジが正確に表示されるように小型のレーダーシステムを使用しています。