ダイヤルキャリパーの3つの最善の用途

ダイヤルキャリパーは、通常、材料の厚さと少量の動きを測定するために使用される精密測定装置です。自動車業界では、ダイヤルインジケータとしても知られているダイヤルキャリパのさまざまな用途があります。また、ダイヤルキャリパーが非常に便利な他の産業もあります。さまざまな用途のいくつかを以下に示します。

整備士はダイヤルキャリパーを使用してブレーキローターの厚みを測定します。これは重要なことです。ブレーキローターが薄すぎると、ブレーキローターが破損してブレーキが喪失する可能性があるからです。整備士がダイヤルキャリパーを使用してブレーキローターの厚さを測定するもう1つの理由は、ブレーキローターの厚さがその表面を横切って変化する状況であるいわゆるランアウトを決定することです。ダイヤルキャリパーは、特定の素材の厚さを知る必要がある場合はどこでも使用されます。このタイプのキャリパーは外側の厚さキャリパーと呼ばれます。これらの場所の一部を以下に示します。

1.測定厚さ

たわみとは、特定のパーツが移動できる中心線の動きです。自動車修理業では、メカニックは、異なるタイプのクランプを備えたダイヤルキャリパーを使用して、荷重またはひずみがかかるときのこれらの部品のたわみまたは動きを測定することによって、特定のサスペンション関連部品の摩耗を測定します。メカニックがダイヤルキャリパーを使用してたわみと磨耗を測定する部品の一部を以下に示します。

2.たわみの測定

ダイヤルキャリパーが行うことができる別の測定値は幅です。メカニックが幅を測定するために必要とする主な部分はブレーキドラムです。ブレーキドラムの幅が広すぎると、ブレーキドラムが粉砕され、ブレーキが完全に失われる可能性があります。このタイプのキャリパーは、内径キャリパーとして知られています。

3.測定幅