テーブルソー対チョップソー

テーブルソー、チョップソーなどのDIYプロジェクトに使用できるソーの種類は数多くあります。すべての鋸が平等に作られているわけではありませんので、2つの最も一般的な種類、テーブルソーとチョップソーの簡単なガイドとそれらの違いと、それらのさまざまな用途について説明します。

ソー・ベンチとも呼ばれ、多目的なツールです。木工機械を1つしか持たない人は、多くのものに使用できるので、これを所有している人がほとんどです。電気で運ばれ、ベンチに置かれた円形の刃を持っています。ブレードを上下に動かすだけで、切れ目の深さを変更することができます。ブレードを調整することによって切削の角度を制御することも可能である。これは、作業を高速に行う必要がある場合に非常に便利です。

テーブルソー

テーブルソーの最も一般的な種類は、非常に軽量でテーブル上で動作するベンチトップテーブルソーです。彼らはまた、最も安価であり、同様に良好な精度を提供する。請負業者のテーブルソーは大きく、重く、通常は独自の基礎を持っています。これらは住宅所有者やDIY愛好家によって一般的に使用されています。通常の電力で簡単に動くことができ、安価です。キャビネットテーブルのこぎりは重いがより正確です。彼らは家庭で1とは異なる電気回路が必要なので、深刻な木工労働者だけがそれを所有しています。テーブルソーの種類が異なるハイブリッドテーブルソーもあります。

チョップソー

チョップソーは、マイターソー、マイターソー、マイターボックスとも呼ばれます。これは、クロスカットとマイターを作成するための最も正確なツールの1つです。これらは、フレーミングを行う必要がある場合、または成形をカットする必要がある場合に一般的に使用されます。彼らは通常、小型で持ち運び可能で、ブレードの幅は8〜12インチです。

類似点

これらの鋸は、鋸刃を非常に制御された方法で切断する必要のあるピースに引き下げることによって切断を行います。より多くの制御があるため、カットがより正確です。切断角度を変更することも可能です。

相違点

彼らは両方の作品を切断するための優れたツールであるという明らかな事実に加えて、他の類似点は許容される精度にあります。カットの深さと角度を制御できるため、これらのツールで簡単に作業することができます。ベンチトップテーブルソーは、チョップソーのように携帯可能です。

これらを使用する理由は異なります。テーブルソーが主に多様なカットの範囲で使用される場合、チョップソーは正確なカットとクロスカットが必要なプロジェクトに最適です。チョップソーは小さいので、非常に大きなプロジェクトでは使用できないため、多くの木材をカットする必要がある場合は、テーブルソーを使用しやすくなります。