プレス打ちコンクリートパティオ:賛否両論

スタンプされたコンクリートパティオは、アウトドア設備の特徴となっています。これは、乾燥する前に、好ましいデザインが打ち込まれたコンクリートパティオです。テクスチャ加工された仕上げは、コンクリートを装飾するために使用されてもよい。あなたの屋外スペースに美しさと価値を加える理想的な方法です。

スタンプされたパティオの雰囲気が改善され、パティオのリラクゼーションが向上します。右のパティオ仕上げを選択するにはかなりの検討が必要です。理想的な仕上げは、あなたの家の適切な審美的で機能的な価値を与えるはずです。おそらくあなたのパティオのための打ち抜きコンクリート仕上げを検討している。以下は長所と短所です。

スタンピングコンクリートパティオの利点

プレスされたコンクリートは、設置する伝統的な舗装材よりもかなり安い。しかし、その多様性は、あなたが望むどんな見た目も事実上与えるでしょう。あなたのニーズに合った色、スタイル、パターンを選択できます。スタンピングされたコンクリートは、伝統的な舗装材、ブロック、天然石、シームレスな石またはスレートを問わず、ほとんどの他の材料に似せることができます。

スタンピングコンクリートパティオの欠点

打ち抜かれたコンクリートはあなたの屋外スペースの美的価値を高めることができます。これは、特にパティオがよく維持されている場合には、最終的に家の価値を高めるものになります。それはまた、屋外の雰囲気をかなり向上させます。リラクゼーションとエンターテイメントは、スタンプされたパティオでより有効になり、評価されます。メンテナンスに関しても利点が認められます。打ち抜かれたコンクリートで雑草の成長に悩まされる可能性は低いです。完成した表面は、伝統的な舗装やブロックとは異なり、雑草の発芽を許可していません。

刻印されたパティオを清掃することも簡単です。必要なのは、水を含む定期的な洗剤だけです。頑丈な剛毛のブラシまたは圧力ワッシャーを使用して、表面の埃や汚れを取り除くことができます。

打ち抜きコンクリートのインストールは長いプロセスです。コンクリートが乾燥する前にコンクリートに所望のパターンをスタンプするために特殊な設備が必要です。パティオへのコンクリートの注ぎ込みに関連する技術も挑戦です。完成した外観は努力の価値があるものの、面倒で時間のかかるプロセスです。

パティオをよく見えるようにするには、定期的なメンテナンスが必要です。定期メンテナンスを怠ると、亀裂や埃が発生する可能性があります。シーラントは2年ごとに塗布しなければなりません。特に濡れたときに滑る可能性を防ぐためにアンチスキッド式を適用することも良い考えです。

スタンプされたパティオは伝統的な舗装やブロックとは異なり、適応性が低い。あなたは開発が限られています。変更を希望する場合は、部分全体を削除するように強制されます。舗装業者とは異なり、簡単に伸縮することはできません。打ち抜かれたコンクリートでは亀裂が必然的に発生するため、時間の経過とともに追加コストが発生する可能性があります。これは、舗装されたコンクリートの耐久性を、舗装機と比較して下側に置く。舗装業者にとっては安価な代案かもしれないが、これは初期の利益に過ぎない。メンテナンスと修理は全体のコストを引き上げます。