光ファイバスイッチを使用する利点と欠点

光ファイバスイッチは、以前に使用されていた銅ケーブルよりも高速で効率的な信号方式の最新の方法です。非常に細かいガラス管の中には、電話、コンピュータネットワーク、テレビ、その他のシステム用の信号を送信するものがあります。他の多くの偉大な発明と同様に、光ファイバーには長所と短所があります。

光ファイバーの使用は、サービス提供を強化するために幅広いアプリケーションで使用できます。電話システム、機械システム、照明、テレビ、およびコンピュータネットワーキングは、すべて光ファイバ開発の恩恵を受けています。改善されたシステムパフォーマンスは、全体的なサービス提供と効率的かつ改善されたコミュニケーションの重要な要素です。輻輳と混雑したネットワークは、光ファイバースイッチの発明で今や過去のものです。信号は、一度にすべてではなく、発生したときに送信されます。

光ファイバスイッチを使用する利点

信号には重要度がフラグされており、より組織的な信号配信システムが作成されます。信号の過負荷によるシステムのクラッシュまたはストールは、光ファイバーの設置によって排除されます。光ファイバケーブルを介して伝送される信号は、銅線ケーブルを介して伝送される信号よりもはっきりして強くなります。

光ファイバスイッチを使用する際の短所

信号はまた、電気ノイズ、無線周波数、電磁妨害または警報システムのような他のシステムによる電波の乱れの影響を受けにくい。より効率的であることに加えて、ファイバスイッチは以前に使用された銅スイッチよりもはるかに高速です。これにより、インターネット帯域がより多く利用されています。帯域幅と容量を増やすと、より効果的なデータ処理と転送が促進されます。信号セキュリティは、電気配線よりも光配線ではるかに高いです。機密性と機密性の高い通信が必要とされる場合、これは非常に重要です。

光ファイバー技術はまだ比較的新しい開発です。ファイバーケーブルを設置するのに必要な専門知識とリソースはまだ広範に広がっていません。これにより、インストールにはコストのかかるプロジェクトが作成されます。それには、専門知識、ツール、複雑なプロセスがたくさん含まれています。

インストールは、コミュニケーションの改善をもたらすものの、時間と労力を要する作業です。前提条件はインストールの厳しさを増します。光ファイバーケーブルとスイッチを取り付ける前に、環境をチェックして、汚染や埃がないことが確認されている必要があります。気温は華氏113度を超えてはならず、換気がよくなければなりません。非常に注意深い取り扱いが必要な繊細なプロセスです。

ファイバーケーブルを敷設する際には、システムの完璧な出荷を保証するために、組み込み機能もインストールする必要があります。ファンとブロワーは、ファイバケーブルの性能に不可欠な効率的な冷却メカニズムを確保するために使用されます。これには、厳格なメンテナンスプログラムが必要です。また、光ファイバー技術に伴う全体的なコストも増加します。残念なことに、光ファイバスイッチは、低帯域幅用途には理想的ではない。これは、限られたデータの送信には不適切です。