杉サイディングハウスのメリット

シダーサイディングハウスにはいくつかの明確な利点があります。そのうちのいくつかは美しい外装、より良い保護、高い価値観、要素からのより良い保護です。シーダーは優れた建築材料であり、耐久性と問題に強い耐性を持つ多くの自然特性を備えています。

他のタイプの木と比較して、杉は腐敗、細菌、真菌およびカビに対する優れた耐性を有する。これは問題を起こしにくい非常に丈夫な木材にします。必要なのは、年間約2回の洗浄と、シロアリと湿気の定期的な検査です。あなたが適切なケアを提供すれば、シーダーサイディングは何十年も続くでしょう。それは、他のタイプの木材とは異なり、メンテナンス面積が小さい。

長持ちする

シダーサイディングは自然な未処理の形で素朴でオリジナルな外観に使用できます。徐々に年をとって白くなりますが、処理された木材ほど長くは続きません。杉の自然な外観を好む人にとって、良い選択肢は明確な仕上げを適用することです。また、シーダーサイディングを塗装したり、仕上げたりすることもできます。そのような場合は、その外観と美しさを維持するために、シダーを4年または5年に一度補修または再塗装する必要があります。シダーサイディングは、ベベル、タングおよびグルーブ、ボードおよびバテンおよびラフカットなどのさまざまなパターンでも入手可能です。シダーは赤または白でもご利用いただけます。

さまざまな仕上げとタイプ

シダーサイディングと同じ暖かさ、美しさ、自然な魅力を持つ外観はほとんどありません。ほとんどの住宅所有者は、非常に魅力的でほとんどの背景と完全に調和しているため、このタイプのサイディングを好みます。シダーは年齢の高い建物で使用されているため、従来のサイディング素材と見なされています。シダーにはユニークな砂目の模様があり、美しい表情を作り、さらに弾力性を向上させます。

暖かい魅力

シダーのサイディングは、裂けたり、腫れたり、曲がったりするような問題に強く、耐性があります。それは自然に腐敗や湿気の問題に耐性があります。しかし、他のすべての木材と同様に、シーダサイディングを保護層で保護して、より長く持続して見栄えを良くすることが最善です。木材はシロアリ、湿度、腐敗に対して全く感受性がありません。しかし、シダーはおそらくこれらの問題のほとんどに対して不浸透性であり、カップやワープを容易にはしません。

耐久性と頑丈さ

私たちの大部分は、木製サイディングを使用することは環境にやさしい決定ではないと考えています。しかし、シダーウッドは、処理と処理が最小限で済むため例外です。一生の使用が終わると、それは完全に生分解性です。それは松のような他の木製の対応物よりもずっと長く続くことができる再生可能な商品です。

環境にやさしい

シダーサイディングは優れた絶縁材で、年間を通してかなりのエネルギーを節約するのに役立ちます。それは冬の間に暖かい空気の損失を防ぎ、夏の間は冷たい空気を保ちます。それは過剰な熱や水分、乾燥から家の構造を保護し、それによって内部構造の問題の可能性を減らします。

優れた断熱材