池ヒーターを選択する

あなたが家に魚の池を持っているならば、池のヒーターが必要です。凍結冬の間、池の水は非常に寒くなり、したがって水生植物や動物に問題を引き起こす。池ヒーターは池の温度を維持するのに役立ち、害がないことを保証する。オプション1:暖房ニーズに基づく;冬が進むにつれて、薄い層の氷が表面に形成され始め、非常に危険な状態になる可能性があります水生生物のために。氷の形成を防ぐために、冬の間に池の表面を加熱するために浮遊式ヒーターを使用する。あなたが池の深さを熱したい場合は、この作業を非常に効率的に行うことができる水中池ヒーターを購入する必要があります。水中ヒーターは、浮遊物と比較して広い表面積にわたって水を加熱することができる。

オプション2:暖房のモードに基づいて;あなたは暖房コイルで動作する電気ポンドヒーターとヒーターを持っています。電気ヒーターは、市場に入った最初の池ヒーターセットの1つでした。多くの人がこれを使用していますが、それがもたらす可能性のある脅威のために推奨されていません。短絡の可能性があり、池のすべての魚を殺す可能性があります。電撃される可能性も高いです。それに比べて、加熱コイルは使いやすく、危険ではないので、優位性を持っています。別の利点は、これらのコイルが手頃な価格で利用可能であるということです;オプション3:サイズに基づいて;あなたの池のサイズに合わせて作られた池のヒーターがあります。植物や魚が少ない小さな池があれば、コンパクトなヒーターのために入ることができます。これらの機器は小さく、ユーザーフレンドリーです。彼らはまた、非常に現代的な外観を持っており、非常に信頼性が高いです。あなたが技術的に進歩し、あなたの最後からの介入なしに自分自身で実行することができる池のヒーターを探しているなら、コンパクトヒーターが強く推奨されます;しかし、広い領域にまたがる池があればより大きな暖房システムのために入る必要があります。彼らは信頼できるし、使いやすいものですが、コンパクトなものほど技術的に進んでいません。あなたがより大きな池のヒーターのために入る場合、それはまた、それが安全な場所に配置されていることを確認する必要があります。大型のヒーターは大型の池では効果がなく、暖房の必要条件を満たすことができませんが、必要のない大型のヒーターは高価で浪費することがあるので、この選択を行う際には非常に注意する必要があります。

オプション4:燃料の種類に基づいて;石油、ガス、電気を流す池ヒーターがあります。あなたは、あなたの要件と予算に最も適したものに行くことができます。石油やガスで作動するヒーターは設定コストが高いですが、長期的には安価で維持しやすいということが分かります。比較すると、電気で作動するヒーターは最初は高価ではありませんが、保守費​​用は高く、石油やガスのヒーターに比べてより大きな脅威になりかねません;詳細については、池のヒーターの種類を調べることができます利用可能なオプションを選択し、あなたの池に最適なものを選択してください。