調整可能なはしごを選択する

調整可能なはしごの2つの主なスタイルが存在します。あなたは、あなたがやりたい仕事に最も適したスタイルを選ぶべきです。

長い梯子を持たずに高さに達するには、伸縮式または伸縮式のはしごが必要です。これらのはしごの一般的な用途には、雨樋のアクセスや清掃が含まれます。この調整可能なラダーは、メインセクションにネストされた第2の長さのラングで非常に簡単に伸びます。時には、ロープとプーリーシステムを使用して延長することもできます。延長可能なはしごは、常に2人で使用する必要があります.1人ははしごを、もう1つはベースが滑り落ちないようにします。延ばしたはしごはしばしば波打つ底部を有する。より幅の広いベースは横に落ちないようにします;使用時には、伸縮可能なはしごは、その長さと構成方法のためにかなりフレックスします。これらのはしごには、はしごの上端を窓の敷居または壁の上部に固定するはしごのフックを追加してセキュリティを確保することができます。

拡張可能なはしご

名前が示すように、折り畳み式のはしごを折り畳むことができます。それは2つの側面が上部につながっていて、逆さまの “V”のように開きます。保持コードは、両側が広がり過ぎないようにします。

折り畳み梯子

このタイプのはしごは非常に安定しており、一人で安全に使用できます。この種のものは非常に安定していますが、地面が固いものでもレベルでもない場合は、自分で使ってはいけません。しばしば、はしごの片側の踏面は階段の踏面のように平らで、反対側の面は丸い。このタイプのはしごは、あなたが大きな高さに達する必要がない場合に理想的です。ポピュラーな使い方には、電球の交換、フルーツの木の剪定またはヘッジのトリミングなどがあります。折り畳み式のはしごの中には、両側の上段に広い板を橋渡しするプラットフォームがあります。この機能により、足を拘束することなく高さで作業することができ、安全感も与えられます。

折り畳み梯子を伸ばす

階段にはしごを使用したい場合は、片側が折り畳まれたはしごを手に入れることができます。階段のトレッドの幅に注意してください。トレッドが浅すぎると、安全でない可能性があります。

調整可能なはしごを選択するときに、使用したいものが何であるかを知っていれば、最善の決定を下します。調整可能なはしごの2つの主なスタイルは、さまざまなバリエーションを作り出します。重要なバリエーションは、あなたに与えるために設計された高さです。