鉄筋コンクリート造コンクリート:工事のヒント

鉄筋コンクリート建設は比較的難しいプロセスなので、始める前にやっていることについてできるだけ多く研究し、見つけておくことをお勧めします。コンクリートは、コンクリートの体積を減少させるように内側に押し込むが、張力に影響を受け易い圧縮力、または2つの異なる方向にコンクリートを引き伸ばす引っ張り力に弾力性がある。コンクリート構造物は、一方の側の2つの物体が膨張し始めると圧縮力を受けることができ、構造物の下の地面がいずれかの方向に膨張し始めると引っ張り力を受けることができる。以下のヒント一覧は、鉄筋コンクリートの理解を深めるのに役立ちます。

鉄筋コンクリート構造を作る前に、鉄筋コンクリートの基本的な考え方を知る必要があります。コンクリート構造物は、通常、様々な厚さの鉄筋と呼ばれる鉄筋で補強され、鉄筋との機械的接続を良好にするバーの全長に沿った隆起部を特徴とする。スチールは、構造物に加えられる引っ張り力を吸収し、損傷を最小限に抑えるために広い領域に拡散させます。張力に対してコンクリートを補強する鉄筋の働きにより、構造物が張力を受けると思われる領域に沿って横棒を配置する必要があります。バーを近づけすぎないようにしてください。コンクリート全体に均等に間隔をあけて、より大きな領域に張力を容易に拡散させることができます。

ヒント1 – 鉄筋コンクリートの働きを知る

バーに沿った尾根は、コンクリートとの接触を失って滑り落ちるのを防ぐためのものですが、十分なストレスがあれば、鉄筋が滑る可能性があります。バーがコンクリートの内部で滑ってしまうのを防ぐには、各バーの端を曲げて、構造物の内側に向かって後方に向けるようにします。これにより、より効果的にコンクリートに固定されます。

ヒント2 – 鉄筋をフックする

鉄筋の厚さは8分の1インチで測定され、#8バーは8分の8インチ、または1インチの直径である。鉄筋コンクリートの強さに基づいて、使用する鉄筋のゲージを選択します。あなたはバーを曲げなければならないことを覚えておいてください。太すぎると困るかもしれません。

ヒント3 – 右のゲージを選択する

鉄筋コンクリート構造を作る際には、鉄筋をコンクリートに埋め込み、その上に鉄筋を置き、次にその上に別のコンクリートの層を注ぐことで、鉄筋をコンクリートに埋設しようとします。コンクリートの2つの層は適切に接続されないので、中央に配置された鉄筋を使ってコンクリートを一度に注ぎ、プラスチック製のサポートを使用して持ち上げる必要があります。

ヒント4 – 2層のコンクリートを使用しない

コンクリート構造物は張力を受けやすいので、コンクリート構造物ができるだけ長く続くようにするには、それを補強する必要があります。これは比較的トリッキーなプロセスなので、作業を開始する前に十分に調査しておく必要があります。