sds対ハンマードリル:どの電気ドリルがハンマー打撃に適していますか?

電気ドリルを使用すると、家の改善や建物の作業を簡単に行うことができます。ハンマーおよびSDSドリルは、主に石工の用途に使用されます。どちらも利点があります。ここで簡単な比較があります。

ハンマードリルは、特定の距離でドリルを出し入れできる特殊なクラッチで作動します。ハンマーアクションは非常に速いです。製造業者はこの打撃動作を「1分当たりの打撃」で測定する。いくつかのハンマードリルは、コンクリートやレンガを粉砕するように設計されていますが、他のものはパイプや壁の後ろにワイヤを取り付けるなど、小さな仕事用に設計されています。大きな壁や大きな地面を掘る必要がある場合は、ハンマードリルが最適です。

ハンマードリル

SDSドリルはわずかに異なって設計されています。 SDSの電気ドリルを使用すると、ドリルの軸にちょっとしたものを置くことができます。ビットが所定の位置にロックする代わりに、わずかに動くことができる。この機能によりハンマーが簡単になります。 SDSドリルは、スタッドや石造りの壁にアイテムを取り付けるのに最適です。あなたが叩いている材料を粉砕することはありません。

SDSドリル

両方の電気ドリルは持っているのが良いです。レンガの家の外に電気ボックスを取り付けるだけの場合は、SDSドリルを使用するのが最善です。あなたが何かのために壁の背後にある必要がある場合は、ハンマードリルは行く方法です。